中学生の勉強時間を考えてみる

Sponsored Links
Sponsored Links
Sponsored Links

勉強の時間より勉強した量

中学生のころは全く勉強が出来なかった
【ときこ】です。

中学生の皆さんは、普段どの位の時間
勉強をしているのでしょうか?

個人差はあると思いますが宿題だけでも
学年+1時間は軽く超えますよね。

私の娘も宿題だけで1時間以上かかる
ことが多いです。
学校の先生からも学年+1時間以上が目安と
聞いています。

でも、勉強は時間が大切なのか私は
疑問に思うことがあります。
なぜなら、勉強は間より量をこなす方が
身につくと思っているからです。

これは、私が子供の頃の経験なのですが
勉強がわからないと解くことが出来ず
机の前に座っても時間だけが進みます。

そして、勉強をしたのかと言うと
わからないので、
問題を解くことが出来ず
机の前に座っていただけに。

そして、母親に『勉強したの?』と
聞かれて親子喧嘩となることが
多かったです。

そんな過去の実体験から、娘には
『勉強でわからないを克服する』
『勉強は時間ではなく量をこなす』

このふたつを小学生の頃から伝えていました。

ですから、勉強時間はあまり本人も
気にしていません。

そのかわり、毎日勉強を始める前に
やることがあります。

・今日やらなければいけない勉強を
 洗い出す

この1点のみです。

あとは、その日のうちに勉強が
終わるように夕食の後や就寝前の
時間で終わらせるようにしています。

Sponsored Links

勉強が理解できない【わからない時】は、教えてもらう

娘は勉強途中でわからない問題や
課題があった場合は
そこを書き出して
翌日に学校で『友達に聞く』そうです。

どこのクラスにも勉強がよく出来る
お友達が何人かいると思います。

中学生になると学校の先生に聞くのが
恥ずかしいと思うお子さんも
いらっしゃると思います。

そんな時は、友達に聞くのも良いと
思いますよ。

もちろん、わかる問題だったら
私が教えてあげることもできますが
やはり苦手教科もあるので・・・

娘のお友達の中には塾へ行っているけれど
塾の先生に聞くのが恥ずかしいと
思う子もいるそうです。

なので、そのお友達は娘に
良くわからない問題を聞きにくることも
あるそうです。

Sponsored Links

インターネットを勉強に活用して勉強の質を上げる

これは娘が自分で調べて実行してる
ようですがインターネットを上手く使う
言う事。

娘にはスマートフォンは持たせていませんが
タブレット端末を自宅で使っています。

通信講座のテストの提出に使ったり
音楽を聴いたり動画を見たりすること
だけでなく勉強に活用するのです。

動画再生アプリ(YouTubeなど)で
わからない勉強の単元名などを
検索すると出てきます。

私も、娘に聞いてから動画再生アプリを
検索してみたら
いろんな勉強の動画がありました。
試しに検索した動画を貼り付けてます。

もし、このブログを読んでくださってる方の
お子さんが『わからない』と勉強が進まないとき
動画を親子で探して勉強のツールとして
使ってみるのも、おすすめです。

【数学】中3-24 二次方程式①(基本編)
Sponsored Links

勉強が理解できると勉強時間・勉強量ともに増える


理解したから勉強量が増える』を
普段の学習の軸にしていけば
勉強時間は気にならなくなりますよ。

勉強量が増えただけ定期テストなどの
結果も必ず良い結果がきっと出ます。

娘は、理解するために先生、友達、
私たち家族、そしてインターネットを
使って勉強の「わからない」を
減らして、勉強量を増やしたら
勉強時間も増えました。

その結果、2年生、前期の期末テストも
娘の中では、満足した結果が出ました。
5教科400点以上、学年10位内。
後期も塾なしで中学2年生を過ごすことに
なりそうです。


そして、私【ときこ】は娘が勉強中、
ブログを書いて娘の勉強の邪魔にならぬよう
静かにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました