電池式小型鉛筆削り|左利きにおすすめ文房具

Sponsored Links

Amazonでお得に買う方法

Sponsored Links

クツワ 超速電池式鉛筆削り SPIMO(スピモ)

左利きでで文具が大好きな主婦
ときこ】です。

最近、習い事を始めて鉛筆を良く
使かいます。

習い事に出かける前に鉛筆を
削るように心がけていましたが
時々忘れてしまいます。

鉛筆が丸くなっていると書き辛いので
以前から気になっていた持ち運びが出来る
鉛筆削りを使っています。

この記事では、右利き、左利き問わず
使えて便利な電池で動く電動鉛筆削りを
ご紹介します。

持ち運びが出来る電動式鉛筆削り|電池式

持ち運びが出来る手動式の鉛筆削りは
コンパクトで便利ですが、右手で使う
ように作られているので使いにくい
ことが多いです。

自宅には娘が使っている電動鉛筆削りが
ありますが大きな物なので持ち運ぶことが
出来ません。

外出先で鉛筆を削るには持ち運びできる
サイズが良いので色々探していましたが
なかなか出会えませんでした。

そんなとき、Twitterでクツワさんの
超速電池式鉛筆削り SPIMO[スピモ]が
新商品として紹介されていたのを
タイムランで見かけました。

乾電池で動く電動鉛筆削りがあると
知らなかった私は興味津々。

楽天で黒色を購入しました。

色はブラックの他にライトブルーと
パープルがありますよ。

超速0.9秒で削れる電池鉛筆削り|手動でも使える

超速電池式鉛筆削り SPIMO[スピモ]は
電動式鉛筆削りとして使う場合は
単3電池が2本必要となります。

説明書にはアルカリ乾電池を推奨して
います。

また、電池がない場合は手動でも
使うことが出来るので手動・電動
両用タイプになります。

電池を入れる前に一度手動で鉛筆を
削ってみましたが、やはり使い辛い
です。

我が家は乾電池は買わずにエネループを
常備しているのでエネループの単3電池
2本を使って削ってみました。

超速電池式鉛筆削り SPIMO[スピモ] は
削る速度が速いことが特徴と
購入前に知っていましたが実際使ってみると
予想以上に削る速度が早く驚きました。

小さな本体なのでパワーは期待して
いなかっただけに買って良かったと
思えるところが一つ増えましたよ。

私は持ち運びと電動に惹かれて購入
しましたが、小学生・中学生のお子さん
ならリビングで勉強している子も
多いですよね。

リビングにちょっと置いても
また引き出しなどに片付けておくにも
ちょうど良い大きさで場所をとらない点
がおすすめです。

私も持ち運ばないときはリビングの
収納棚へ他の文房具と一緒に片付けて
おきます。

娘の部屋は2階なので鉛筆削りに
移動しなくても引き出しから出して
使えるので便利です。

超速電池式鉛筆削り SPIMO[スピモ] の特徴

・超スピードモーター搭載で早く削れる

・持ち運び便利なコンパクトサイズ

・オーバーヒート防止装置付き

・芯取り出しボタン付き

・手動でも削れる2WAY仕様
(電池を抜いた状態)

超速電池式鉛筆削り SPIMO[スピモ] の製品仕様

品番色・種類本体サイズ材質
RS032LB
RS032PU
RS032BK
LB(ライトブルー)
PU(パープル)
BK(ブラック)
H60×W60×D45mm 80g(本体)PS、(切削部)スチール

左利き専用の鉛筆削りもありますが
削りゴミが出てしまうものは嫌だった
ので、この鉛筆削りを購入しました。

この鉛筆削りは価格も高くないので
コスパも良いです。

そしてシンプルな点も気に行ってます。

学校などで使うときは電池を抜いて
手動のみで使うことも出来るので学生さん
にもおすすめな文房具になると思いまよ。

是非、一度手に取って試してみて
くださいね。

では、【ときこ】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました