日本製 鉄製フライパンがおすすめ

Sponsored Links

アラフィフ主婦の【ときこ】です。

今まで使っていたのはティファールの
テフロン加工してあるフライパンを
使っていました。

使用頻度が多いせいかテフロン加工が
はがれてしまい炒め物などをしていると
食材がフライパンにつくようになって
きたので、新しいフライパンを購入しました。


テフロン加工済のフライパンは使い勝手が
良いので長年使ってきましたが
以前から、鉄製のフライパンに興味が
あったのでフライパンを買う前に
鉄製のフライパンを調べました。

いろんな通販サイトを見てきましたが
鉄製のフライパンは値段が高いものが
多いです。

日本製の物が多いのが価格が高い理由かも
しれませんね。

そんな鉄製のフライパンの中でも口コミが良くて
日本製のフライパンセットを見つけて買うことが
出来たので、ご紹介します。

Sponsored Links
Sponsored Links

20cm|28cm のフライパンセットを購入しました

私が購入したフライパンは2つのサイズが
セットになった鉄製フライパンです。

子供の頃、母が鉄のフライパンで
ホットケーキを良く焼いてくれたことを
商品が届いたとき思い出しました。

使いこんであるので黒くなった
フライパン。

ホットケーキが焼ける匂いに誘われ
母の近くへ行き調理中のフライパンを
覗いていてな。と懐かしい気持ちに
させてくれました。

すぐに下準備をして毎日使うと
油も馴染んできて使いやすくなりました。

鉄のフライパンは鉄分も補給できると言う
話も聞いたことがあります。
(使っていても実感は全くないけれど)

少しだけ手間はかかるけれど
ゴミが出ずに使いやすいフライパンなので
購入してよかったと思っています。

そして、予想外だったのが
このフライパンは思ったより軽かったこと。

鉄製のフライパンは重いイメージが
あったので覚悟をしていましたが
軽いので調理後の盛り付けの際は
楽に作業ができます。

我が家は、平日の朝は毎朝お弁当を作るので
フライパンをふたつ使ってお弁当のおかずと
朝食の準備をしているのでセットになっている
こちらを選びました。

朝は、効率よくお弁当や朝食の準備を
したいと思う主婦の方が多いと思うので
このフライパンセットはおすすめです。

Sponsored Links

鉄製フライパンには下準備|焼き入れが必要です

鉄製のフライパンに興味を持った理由は
テフロン加工のフライパンだと
テフロンがはがれてくるとゴミとして
出さなくてはいけないですよね。

ゴミ出しを極力したくないと思っている
ズボラ主婦なので、
「鉄のフライパンなら 粗大ごみが減る
よね。」と気が付いたのが興味を持った
きっかけです。

但し、テフロン加工のように洗ったら
すぐ使える手軽さはないよ。と
下準備が必要なことを友人から聞いていた
ので、購入する前に下準備の方法も
調べました。

下準備は、焼き入れと言う方法です。

1 鉄フライパンを強火でコンロにかけます。

2 銀色のフライパンの色が変わってきたら、
全体の色が鉛色っぽくなるように焼く。

3 全体の色変わった状態で、火を止めて
  自然に冷ます。

4 洗剤でよく洗う。

5 多めの油を入れて、くず野菜を入れます。
  それを焦げるくらいまで炒めてください。
 
6 油とくず野菜を捨てて、水洗いします。

7 再び油を多めに入れて、油をフライパンに
  なじませるように弱火で焼きます。

8 油をオイルポットに戻す。終。

手順を書いてみると少し面倒な気もしますが
こちらのフライパンセットには
焼き入れの手順が書いてある使い方ガイドが
同封されているので、初めて焼き入れを
してみましたが簡単にできましたよ。

Sponsored Links

ガス・IH共に対応しているのでどちらのコンロでも使えます

こちらのフライパンセットは、
ガス・IHとも使うことができる
フライパンです。

我が家は、ガスコンロを使用しているので
焼き入れも簡単にできました。

但し、IH(電気のコンロ)の場合は
焼き入れが上手く出来ない場合が
あります。

そんなときは、焼き入れの下準備のみ
ガスコンロやカセットコンロなどを
利用してから使うと良いとのこと。

ガスにもIHにも使えるフライパンで
下準備の進め方も詳しく教えてくれて
いるのでレビュー(口コミ)でも
良い評価なのかもしれませんね。

Sponsored Links

価格もお財布に優しく北海道沖縄離島以外は送料無料でお買得

昔ながらの鉄フライパンは、使いやすいだけ
でなくお財布にもとても優しい。

鉄のフライパンは、ひとつ4000円代から
1万円を超えるようなものまでありますが
こちらのフライパンは、セットで4000円代と
リーズナブル。

私がこのフライパンセットに決めたのも
値段が安いのが魅力だったので
最終的には決めました。

もちろん、手入れをサボってしまうと
長持ちしないのが鉄製フライパンですが
少しの手入れで長く使えるなら
ズボラ主婦脱却して手入れも頑張ろうと
思っています。

鉄製のフライパンは、たくさんの種類が
あると思うので、色々調べてお気に入りの
フライパンをみつけてくださいね。

では、【ときこ】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました