左利き用|小出刃包丁【魚を切るときおすすめ】

Sponsored Links

左利きのアラフィフ主婦
ときこ】です。

魚を切るのが苦手で普段は
切り身を購入するのですが
実家の父が釣りに行って魚
が釣れるとお裾分けを
頂きます。

父は鱗と内蔵の処理はして
くれますが大きな魚でも
切り身までにはしてくれません。

そうなると調理する前に
切るのは当然私。

以前は万能包丁を使っていました。

しかし、鯛などの大きな魚は骨が
大きくて固いので切るのに一苦労。

切り身にするのに時間がかかり
過ぎて苦労もしたので出刃包丁
を買い、今は使っています。

出刃包丁と言えば、包丁の中でも
大きな刃が特徴的な包丁ですが
私が購入したものは小型の出刃
包丁です。

固い魚の骨や頭を切り落とす
には大きなサイズが切りやすい
と思って探していましたが、
サイズが大きすぎると我が家の
狭いキッチンでの収納に困ると
思い、小型で口コミが良かった
出刃包丁を買いました。

Sponsored Links

GLOBAL|グローバル 小出刃包丁 12cm がおすすめ

この記事では小さなサイズでも
切れ味抜群で鯛などの固い骨や
頭も簡単に切れてさばきやすい
GLOBALの左利き用小出刃包丁
12cmのご紹介をします。

新潟県の吉田金属さんが製造
販売しています。

2018年にはグッドデザイン賞を
受賞した日本製の商品です。

GLOBAL 小出刃包丁は刃渡り12
センチと数ある出刃包丁の中で
も小さなサイズです。

大きさだけみると「こんなに小さく
て切れるのかしら?」と思うほどの
サイズですが、柄を持ってみると
しっかり握ることができます。

また、刃渡りが小さいので小回り
がききき、思っているより魚を
さばきやすいのが特徴です。

また、包丁の刃と柄が一体化です
ので木製の柄を使った包丁に比べ
衛生的ですよ。

刃と柄が一体化されているのは
私も気にいった点です。

そして、何より魚をさばくことが
苦手な私でも気持ちが良く切れた
ことが一番のおすすめ理由です。

こちらの小出刃包丁は、左利き用と
右利き用があります。

左手で使う方だけでなく、右手で
包丁を持つ方にもおすすめできる
出刃包丁です。

出刃包丁は価格がピンから
キリまであります。

特に左利き用の出刃包丁は値段が
高いものが多くてなかなか手を
出すことが難しいもの。

しかし、こちらの出刃包丁は
出刃包丁の中でも手頃なので
購入を決めました。

楽天Amazonなどでも販売
されています。

魚を切るのが苦手な人も
ぜひ、手にとって試して
みてくださいね。

では、【ときこ】でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました