制服や洋服などに名札をつけて穴の防止と補修を簡単にする方法

家事と生活
SponsoredLinks

左利きの主婦、TOKIKOです。

私の娘が通っている中学校では夏用の制服が半袖のスクールシャツ
にスカートを履いています。

スクールシャツはカッターシャツやスクールブラウスと呼ぶ地域も
あるそうですね。

そんなスクールシャツの胸ポケットには名札をつけています。

最近、個人情報が特定される不安から校外へでるときは外すように
なりましたが名札の取り外しが増えたせいか安全ピンでつけている胸
ポケットに穴が目立つようになりました。

そこで、穴の修復と穴や破れの予防を兼ねて対処しました。

TOKIKO
TOKIKO

この記事では、名札の安全ピンで服に穴があいたときや穴を未然に
防ぐ方法を紹介します。

名前テープを貼り付けて安全ピンを通す箇所を補強

娘のブラウスを見るたびに安全ピンの穴が気になっていました。

ネットで検索して不器用な私でもできる簡単な作業を選んで
対策し、中学3年間一度も破れず、補修しなおすこともなく
着ることができた方法です。

ダイソーやセリアなどの百均にも売っているアイロンで貼り付けることが
できる「おなまえテープ」を使います。

私の裁縫道具箱の中に、娘が小学生の頃使っていたニチバンのおなまえテープ
が残っていたので、それを使いました。

スクールシャツの胸ポケットの裏側にアイロンでお名前テープを
貼り付けます。

貼り付けた後、ポケットを正面から見てもお名前テープを貼ったとは
わかりません。

お名前テープをつけてから何度も名札を通したあとの
お名前テープには安全ピンの穴が目立ちますが胸ポケット
には穴が目立たちません。

毎日、洗濯のたびに確認していましたが夏服が終わるまで
再び補修する必要なく着ることができました。

洋服の場合は服の裏側に名前テープを貼り付けるだけで
穴が目立ちにくくなりますよ。

名札で服に穴があいて気になる人の参考になれば
嬉しいです。

では、TOKIKOでした。

名もなき家事「毛玉取り」におすすめな家電の記事はこちら→毛玉取りクリーナーはテスコムの充電式+コンセント式がおすすめ

コメント